2003 秋 高 松 ・ 岡 山 合 同 支 部 総 会 開 催
〜 本格的な銭湯シーズンに向けて熱い討議を 〜

第2部の会場となった「定一」にて


 このほど、高松、岡山支部合同の臨時総会が開催されました。
 2000年全体総会の会場にもなった高松市の「宝温泉」で第1部は開幕。各自、思い思いのスタイルで、ジェット、ラドン、露天、電気、サウナ、水風呂など、ひとしきりのバスタイムを楽しんだあと、第2部の会場を、にぼしからステーキまでをうたい文句にあげる宝温泉前の居酒屋「定一」に移し、銭湯論議を交わしました。
 今回の議題は、
  1.岡山支部設立について(今後の展望とプロモーション)
  2.香川県浴場組合とのコラボレーション企画について
  3.任期満了に伴う役員選挙および人事異動について
  4.松山支部新事務所竣工イベント(2004年1月)について
 など、いずれも重要議題ばかりとなりましたが、心のこもった熱いディスカッションが行われました。特に、岡山支部設立に関しては、岡山支部発足後の初めての合同総会でもあり、O倉岡山支部長のマニフェスト(公約)が披露されるなど、大いに盛り上がりました。
 最後は、この日、岡山から駆けつけたK山岡山支部長代理のくす玉割りで、無事臨時総会は終了しました。
 なお、今回の臨時総会にテスト生として参加したF川、Y田の両テスト生は、第1部の実技面接および第2部での建設的な発言が評価され、高松支部愛好会見習いとして認められることとなりました。
 

取材:銭湯愛好会報道局
2003.10.24


 
 戻る