海外との交流

~英国の糖尿病専門スタッフとの出会い~

当院では「各職種が自分の仕事に責任を持ってチーム医療を行う」という考え方に立ち、開院当初から英国の糖尿病センターを一つの目標に日々の診療を行ってきました。しかし、同じようなチームの形をとりながらも彼らのような意見交換が出来ず、外国との感覚の違いを痛感していました。日本では自分と違う考えに反対したり、自己主張するためには多くの努力が必要で、主張した後もなぜか居心地が悪いことがありました。
そのため「外国人の感覚」を知ることから始めようと、院内勉強会においては、あえて外国人と接する時間を持つように努めてみました。例えば、外国人講師による英会話教室や料理の講習等ですが、自分たちの目指すチーム医療の実践には結び付きませんでした。そして、もっと有効な手段はないかと考えた結果が、コメディカル同士による直接交流でした。日本ではコメディカルが中心となって海外交流しているケースは極めてまれであると思われます。しかし、英国のチーム医療を目標に考えたとき、医師ではなくチームのコーディネーターである看護師を交流の中心に置くことが外国から教わったチーム医療実現の近道であると考え、コメディカルが互いに行き来する交流が始まりました。

~ヨーク・糖尿病センターとの交流~

2001年
ヨーク糖尿病センターのマネージャー(DSN:Diabetes Specialist Nurse)と医師がクリニックを訪問
その際四国4県で講演会を開催
2004年
冨岡院長、他クリニック・スタッフ2名がヨーク糖尿病センターを訪問
2005年
ヨーク糖尿病センターから看護師(DSN)と足療法士を招聘
高松で講演会を開催。クリニックのスタッフと交流
2007年
ヨーク糖尿病センターから看護師(DSN)を招聘
高松で講演会を開催。スタッフと交流。
2008年
2月 英国糖尿病学会でヨーク糖尿病センターがクリニックと交流について発表
4月 冨岡院長、他クリニックスタッフ4名がヨーク糖尿病センターを訪問
2009年
ヨーク糖尿病センターから血管外科専門看護師と上級足療法士、腎臓専門看護師を招聘。スタッフと交流
2010年
冨岡院長、他クリニックスタッフ5名がヨーク糖尿病センターを訪問
ヨーク大学上級講師を招聘
2012年
冨岡院長、他クリニックスタッフ6名がヨーク糖尿病センター、ステノ糖尿病センターを訪問
2013年
ヨーク糖尿病センタースタッフがクリニックを訪問
2014年
冨岡院長、他クリニックスタッフ4名がヨークを訪問
2016年
ヨーク糖尿病センターのマネージャー(DSN)と医師がクリニック訪問
2017年
冨岡院長、他クリニックスタッフ8名がヨーク糖尿病センターを訪問